植物芸術 植物とアートと美しい生き方のために

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on August 2017
Archives
Search this site :
型破りと形無し


 

 

 

 

 

前々回のブログで「2月は仕事が落ち着くので云々・・」と書いていましたが、連日様々なご依頼を頂戴しておりブログの更新が滞っていました。。

 

 

 

 

 

 

 

先日、美術関係の方々と懇談した際、『表現の上手い下手という問題より、作品の背景にあるものが最も大切だ』という話をされていた方がいました。

 

 

 

よくよく聞いてみると「上手に創ろう 格好良く見せようというよりも、その人がどんな考えのもと どんな努力をしその作品まで辿り着いたのかという事こそが大事なんだと思う。」というような内容でした。

 

 

 

 

何かを創作しようとする時、まずはその前提として何らかの衝動があり、その後に表現をしたいという欲求が芽生え、そこに向かうための表現手法に関する考察や技術的な努力が生まれます。

 

 

 

そういった創作プロセスにおいては、確かに “どのような考えのもとでその作品まで辿り着いたのか” はとても大事ですが 僕的にはちょっと腑に落ちない内容でした。

 

 

 

 

自分自身だけで創作し鑑賞して楽しむだけのものならば、上手に創ろう・格好よく見せようという技巧や見栄えなど気にする必要はありません。

あくまで自己完結で構わないと思います。

 

 

 

 

しかし、どんなジャンルでの表現であっても自分以外の他人に見てもらったり感じたりしてもうらう “自分の作品を体感してくれる相手がいる表現行為”(あえてこのような表現をしますが・・)を行う時には上手い下手という根本的なな概念こそ最も必要だと思ってしまったからです。

この話を突き詰めていくと現代の芸術作品における作家と評論家の関係に言及していきますので詳しくは機会があるときに改めて・・

 

 

 

 

あのピカソも基本的なデッサンや写実的な表現が群を抜いて上手でした。

 

 

 

己の表現する世界において先人が血のにじむ思いで努力し戦ってきた “基本の型” を鍛錬し続けながら、更にそこを乗り越える挑戦をしていく。

 

これはどんな道においても非常に大切だと僕個人は思います。

 

 

 

 

 

生前から大好きだった立川談志さん。

 

 

 

以下の言葉が全てを物語っているように思います。

 

 

 

 

 

 

型ができてない者が芝居をすると型なしになる。 メチャクチャだ。

 

型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。

 

どうだ、わかるか? 難しすぎるか。

 

結論を云えば型をつくるには稽古しかないんだ。

 

 

 

                        立川談志

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尊敬するパティシエの先輩や造形作家 空間デザイナーの先輩達、一見 型破りと言われることが多い方々と親しくさせて頂いておりますが、彼等の仕事を注意深く見ていくと 物凄く繊細な芸術感覚で創造を構築した上で、人知れず破壊する、まるで抜刀術のように対象を仕留める見事な表現をしています。

 

 

 

 

そのような仕事を可能にする根本はやはり “基本的な 型” というものをしっかりと体得し、鍛錬し続けているからこそだと思います。

 

 

 

 

フラワーレッスンでも、“基本的な技法” というものを大切にしています。

 

 

自然にある植物の命を切り、表現するという時において、その命が存在する意味をしっかりと理解し扱って欲しいという考えでレッスンをしています。

 

 

四季折々の植物にはどれも同じ個体はなく、それぞれが異なったエネルギーを内包している為、毎回同じ形にはなることはありえませんが、基本的な考え方・技法は常に同じです。

 

 


 

 

 

 

2月も間もなく終わり。

 

 

 

公園や街路樹の植物たちも着々とに春を迎える準備をしています。

 

 

 

 

自分の中に元々備わっている美を再確認して素敵な日々を過ごしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--------infomation---------------------------------------------------------------------







2017年前期フラワーレッスン生募集を開始しました。
お問い合わせはお電話かメールでお願い致します。

詳しくはwww.greendays.jpまで。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





旬の植物達と素敵な時間を過ごしてみませんか?

仙台藤崎百貨店カルチャーサークルの フラワーレッスン。
お好きなプログラムを選んで受講出来る“1日体験コース”も併設しています。

詳しくはこちらから
↓ ↓ ↓

藤崎カルチャーサークルFLOWER LESSON

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Flower Lesson 仙台花教室 | comments(0) | trackbacks(0)
フラワーレッスン2017 前期生募集のお知らせ

 

 

 

フラワーレッスン2017年度 前期生の募集が始まりました。

 

 

 

このブログや、当社HPに掲載されているアレンジメントやブーケの写真は、ある法則に則ってデザインをしています。

 

 

 

レッスンでは、植物を扱い表現する上での基本的的な事・植物造形をする上での理論や法則・植物のエネルギーを捉えるための考え方や色彩の捉え方等々様々な角度から講義をしていきます。

 

 

KAZUO KONNOデザインの基礎理論から学ぶベーシックコースと 現在お花のお仕事をされている方・将来お花の仕事で独立されたい方・更なる専門的なスキルを身につけたい方が対象のプロフェッショナルコース、2コースの募集です。

 

 

 

 

2017年4月からスタートのKAZUO KONNOフラワーレッスン。

 

 

 

身近にある植物のエネルギーを感じて素敵な生活を。

 

 

 

 

 

詳細は下記のリンクからご確認ください。

 

 

 

 

 

--------infomation---------------------------------------------------------------------







2017年前期フラワーレッスン生募集を開始しました。
お問い合わせはお電話かメールでお願い致します。

詳しくはwww.greendays.jpまで。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





旬の植物達と素敵な時間を過ごしてみませんか?

仙台藤崎百貨店カルチャーサークルの フラワーレッスン。
お好きなプログラムを選んで受講出来る“1日体験コース”も併設しています。

詳しくはこちらから
↓ ↓ ↓

藤崎カルチャーサークルFLOWER LESSON

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

Flower Lesson 仙台花教室 | comments(0) | trackbacks(0)
Flower Lesson

 

 

 

今年最初のフラワーレッスン、藤崎カルチャースクール。

 

 

 

アトリエレッスンは春・秋と年に2回の募集ですが、こちらのレッスンは随時OKです。

 

 

 

毎回様々なテーマでデザインをしていきます。

 

 

 

今回のテーマは “初春の植物で彩るモダンアレンジメント”

 

オレンジ・イエローの植物に差し色を加えてデザインしました。

 

 

 

 

同じ花材でも作る人の感性やエネルギーによって色々な形が産まれます。

 

 

 

 

決まった形を皆と同じように作るのではなく、自分の中に備わっている美しさを植物のエネルギーと重ね合わせ表現するレッスン。

 

僕自身、毎回楽しく過ごせる貴重な時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--------infomation---------------------------------------------------------------------
 




旬の植物達と素敵な時間を過ごしてみませんか?

仙台藤崎百貨店カルチャーサークルの フラワーレッスン。
お好きなプログラムを選んで受講出来る“1日体験コース”も併設しています。

レッスン内容等の詳細はこちらから
↓ ↓ ↓

藤崎カルチャーサークルFLOWER LESSON

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

 

 

 

Flower Lesson 仙台花教室 | comments(0) | trackbacks(0)
Gradation




素敵な植物デザインをする上での効果的な色彩の合わせ方について、前回の続きです。




今回は、ポイントを3つに絞り少し具体的に書いていきます。





最初のポイントは、色相を一つに合わせていくことです。


色相とは、赤・青・黄・緑のような、“何色”として認識する色のこと。


植物デザインにあまり慣れていない方は、多色を使ってしまうとまとまりのない作品になってしまう事があります。


そんな時はイメージしている色相のみでデザインしていくと比較的上手にまとめることができます。





二つ目のポイントは色の質感を合わせていくこと。


ナチュラルな雰囲気、クラシックな雰囲気、モダンな雰囲気 etc・・


このようなイメージを表現するためには明度や彩度といった“色の質感”を合わせていくことです。


この、色の質感を合せることによって統一したイメージを表現することができやすくなります。





三つ目のポイントは、アンダートーン(色味)を合わせていくこと。


アンダートーンには、青みを感じさせる色“ブルーアンダートーン”と、黄みを感じさせる色“イエローアンダートーン”の2つがあります。


インテリア関係やファッション関係等、色彩のお仕事をしている方には常識的な概念ですが、植物デザインにも大いに関係性があります。


青みや黄みを感じる見え方によって色を分類する手法で、暖色に分類される黄色にもブルーアンダートーンの黄があり、寒色に分類される青色にもイエローアンダートーンの青があります。


例えば黄色を例にとってみると、熟したバナナのような暖かい黄色はイエローアンダートーン、レモンのようなさっぱりした黄色はブルーアンダートーンという感じです。


前回も書きましたが、植物という生命体は同じ品種でも質感や色味が微妙に違いますので、このアンダートーンを合わせていくと、よりまとまりのある色彩になります。




上記3つのポイントを押さえながらエネルギーを感じる植物達を選んでみて下さい。





今回は色合わせの理論について、ざっくりと簡単に書きましたが その他にも様々な造形テクニックがありますので機会がありましたらUPしてみたいと思います。






今日も植物とともに。



素敵な日々を。











---------Information------------------------------------------------------------------------------



旬の植物達と素敵な時間を過ごしてみませんか?

仙台藤崎百貨店カルチャーサークル フラワーレッスンではフラワーレッスン生を募集中です。
お好きなプログラムを選んで受講出来る“1日体験コース”も併設しています。

詳しくはこちらから
↓ ↓ ↓


藤崎カルチャーサークルFLOWER LESSON










 
JUGEMテーマ:アート・デザイン







 
Flower Lesson 仙台花教室 | comments(0) | trackbacks(0)
Orange Power




植物デザインをするときに多くの人が悩む問題の一つに “色の合わせ方” があると思います。




今回はそんな植物の色について少々。



過去にも何回か色の合わせ方について書いていますので重複してしまう所もありますが、今回は少し違った角度から考えてみたいと思います。



そもそも色には、色相・明度・彩度という、色が本来持つ性質である色の三属性があります。



色相とは、赤・青・黄・緑のような、“何色”として認識する色のこと。

明度とは、認識している色が明るいか暗いかの度合いのこと。

彩度とは、その色が鮮やかか、くすんでいるかといった度合いのこと。

 


これらはそれぞれ関連しあい、色として存在しています。


 





次に色彩の配色について。


色彩の配置方の中には大きく分けて、同系配色・類系配色・補色配色の3つがあります。



同じ色相の中で、明暗や彩度で変化をつけた配色の統一感を出すのが同系配色。


色みの近いもの同志でまとめて、穏やかな変化をつける配色が類系配色。


反対色にある色と合わせてメリハリをつけ、刺激的な印象を出すのが補色配色となります。







ざっくりとした説明ですが、まずは“色”がもっているこれらの性質をふまえた上で、差し上げる方のイメージや置く場所、どんなシチュエーションで使用するのか等々を考えながらデザインを決めていきます。



しかし、植物という生命体はプロダクトで大量に作られる色やお洋服の生地とは違い、同じ品種でも質感や色味が微妙に違います。



隣に置く色との関係性や花弁の形、茎の向きや挿す角度などで、その色の持つ見え方や質感は微妙に変化します。






では、よりイメージに沿った色彩を表現するにはどうしたら良いか?





次回、詳しく説明していきたいと思います。








インフルエンザが流行ってきています。



体調管理を万全に



エネルギッシュな日々を。














---------Information------------------------------------------------------------------------------



旬の植物達と素敵な時間を過ごしてみませんか?

仙台藤崎百貨店カルチャーサークル フラワーレッスンではフラワーレッスン生を募集中です。
お好きなプログラムを選んで受講出来る“1日体験コース”も併設しています。

詳しくはこちらから

↓ ↓ ↓

藤崎カルチャーサークルFLOWER LESSON










JUGEMテーマ:アート・デザイン









 
Flower Lesson 仙台花教室 | comments(0) | trackbacks(0)